1CC_logo_g_2.png

 

 

ワンコインシネマは、くつろげる空間でワンコイン(500円)で映画を楽しんでいただけるイベントです。

人気の映画はもちろん、往年の作品や単館映画、SDGsなど、様々なテーマの映画をご用意しております。

次回上映作品

犬王

INU-OH_Poster_noDate.jpg

上映日時

2月17日(土)

【昼の部】13:30~

【夜の部】17:30~

開場は各回30分前から(上映分数は97分)

詳細

監督:湯浅政明

原作:古川日出男

キャラクター原案:松本大洋

脚本:野木亜紀子

音楽:大友良英

出演:アヴちゃん(女王蜂)、森山未來、柄本佑、松重豊、津田健次郎

予告編

『犬王』を見る前に、知っておくともっと面白い!

①そもそも『犬王』って誰なの?

 犬王(?~1413)は、近江猿楽比叡座(ひえざ)の能役者です。世阿弥(ぜあみ)によって能が大成されるより前に活躍したと言われています。年齢でいうと、観阿弥、犬王、世阿弥の順。足利義満が世阿弥を寵愛していたという話は有名ですが、実は犬王も義満に愛された役者のひとりだったようです。

 犬王に関することは、当時の犬王を見た観客の記録や、世阿弥が犬王を見た感想程度しか残っておらず、実際にはどのような演目をやっていたのかは現在でも不明なままです。

 その曖昧な記録から見るに、犬王は当時の大衆からの人気は凄まじく、非常に芸達者で多様な役をこなす役者だったとか。

 この映画では犬王について、その歴史の余白を描いた古川日出男の原作『平家物語 犬王の巻』を元に、犬王とは何者だったのかを描いています。

inuoh_sub.jpg

②『平家物語』とは?

 『平家物語』は、日本における作者不詳の軍記物語。鎌倉時代に成立したとされ、平家の栄華と没落、武士階級の台頭などが描かれています。

 琵琶法師と呼ばれる盲目の僧侶たちが琵琶をかき鳴らしながら、全国各地で物語を弾き語り広まったとされています。

 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり……」という有名な書き出しで広く知られますが、学生時代に暗記させられたような…という記憶があるかたも多いのではないでしょうか。

 平安末期に政権を握り、束の間の栄華の後、壇ノ浦の戦いで源氏によって滅亡した平家一門。『平家物語』はそんな平家一門の悲劇を、鎮魂の意を込めて琵琶法師たちが語り継いできた物語なのです。

inuoh_main.jpg

③話題になった迫力の劇中歌

 こちらはもう語るまでもなく、とにかく見て、聞いて、その迫力を体感していただきたいと思います。

Youtubeにて劇中歌をちょっぴり聞けますので、気になった方はぜひ予習がてらご覧になってみては。

 

チケット販売

【販売開始】12月11日(月) 9:00~

【販売場所】みなとテラス一階の事務室窓口、もしくはウェブ特設お申込みフォーム

※ウェブからのご購入の場合、上映当日にチケットをお渡しいたします。

※お電話でのお申込みや、チケットのお取り置きは出来かねます。ご了承ください。

※お申し込みをキャンセルされる場合にも、原則払い戻しは致しませんのでご了承ください。

ウェブ特設フォームはコチラ

参加料

500円/人(未就学児無料)

会場

みなとテラス 市民ホール平土間

リラックスできる空間で映画を楽しみましょう

ビーズクッションシート、もしくは通常の座席(2階席)をお選びいただけます

ビーズクッションシートのイメージ

20220907_140729 .jpg

2階・通常座席シートのイメージ

IMG_2305.JPG

過去の上映作品

 

お問い合わせはコチラ

境港市民交流センター「みなとテラス」

HPお問い合わせ先

TEL:0859-46-0471